喜多方ゆかりの偉人【瓜生岩子(うりゅういわこ)さん】

本日、新年明け火曜日のため教室お休みです。ずっと読みたいと思っていた本を読んでいます。

喜多方でうまれた社会福祉に一生をささげた瓜生岩子(うりゅういわこ)さんの本。

その中の一節に、

岩子さんが子供達の教育のために喜多方に小田付幼学校をつくりその授業で、

「そろばんは、岩子が教えました。岩子は、これまでの商売の経験から、算数がどんなに生活に必要か、身に染みていました。子供達には、ぜひ算数に強くなるよう、そろばんに力をいれました」という文がありました。

こんな偉い方と共通することなどないと思っていました。それが、喜多方の地で今そろばんを教えていること。岩子さんの志に少しでも近づけるよう、気が引き締まる想いです。