先生の想い

 

 

    (つだ みさき)


  津田 美咲

 

 


昔から「読み、書き、そろばん」が大切といわれてきました。

現在パソコンや電卓などで計算がラクにできるのに、今の時代そろばんを習っても、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでもそろばんが現在もあるのは、魅力ある優れた教具だからです。近年、様々な研究結果でそろばんの脳に与える効果がわかってきて、世界中でそろばんの評価が高まり、最近では、欧米やアジア諸国でも取り入れられ「世界最高の算数教具」と評価されています。


第一に、珠算式暗算です。

そろばんがある程度上達すると暗算指導にはいります。

最近の研究で、そろばんの玉をイメージし、頭の中で暗算する時、右脳が活性化されているという結果がでています。通常の勉強は左脳中心、珠算式暗算は右脳と脳をバランス良くつかうことによって、他の学習や情報処理能力のアップにもつながると考られています。

第二に、計算力です。

計算力がつくのは、昔からそろばんが一番と言われています。計算力をつけるのには、間違いなくそろばん学習がすぐれています。

※その他にそろばんの重要性でそろばん学習の良い点調べました。ご覧下さい。

この魅力あるそろばんを広めたいとの思いで、そろばん指導を始めました。

開講当初は、そろばんのみの指導をしていました。

そのうち、もったいない、もったいないのおもいでいっぱいになりました。

生徒からの質問で「こういった場面は、何算で計算するの?」など計算ができるのに、そこがわからなかったら、日常役に立つの・・計算力があるのに、もったいない。。

 

そんな思いでいる時に、そろばん教育とあわせ、計算の意味、仕組み、小学校算数重要単元80%もあわせて教えることのできるSSKCLUBに出会いました。

計算のみの指導であれば、一度にたくさんの生徒を教えることができますが、

現在は、一人に指導する時間が長いため、限られた人数しか教えることができません。でもよくばりな私は、もう、もったいない指導はしたくないと心に決めました。


計算の意味を教えながらの指導は、すぐに結果はでません。長い時間かかります。

又、理解力には個人差もあり、より指導に時間がかかる場合がありますが、それが生徒の将来に役立つのであれば、挑戦すると心に誓いました。

計算の意味を理解して、計算力がつけば、子供達の将来役に立つ武器に必ずなります。

そんなすばらしいプラスのそろばん教育を将来をかけて伝えていくことが私の夢です。

先生の宝物